お墓や仏壇について

墓終い

現在のお住まいが遠くて、お参りやお掃除が難しい方や、この先を考えて別の供養を考えたい方へご提案致します。

墓終いにおいて気を付けるべきこと

近年、墓終いに関するトラブルが急増しております。
「先祖代々のお墓を終うことに反対する親族」や「檀家を減らしたくない寺院の方」との間で揉め事になる事例がおおいようです。
墓終いを検討されている方は、ご自身だけで判断されることなく、親族や寺院の方に早めに報告・相談するようにしましょう。

また、墓終いをする際には、法律で定められた手続きが必要です。古いお墓を管理している方と遺骨を移す先の方からそれぞれ証明書を頂き、自治体に提出する必要がございます。各墓地の担当者の方や自治体などへ確認しながら、手続きを進めてください。

墓終いの流れ

まずは弊社へお問合せ下さい。>時間や場所をお決めして、ご相談にのります。>ご相談内容に合わせて、最適な方法をご紹介させていただきます。

※魂抜きをされる場合は、墓終い相談の前にお願い致します。

お寺の場合は、住職に「墓じまい」をすることを告げて了解をいただきます。
そのとき「離檀料」をいただきたいとおっしゃる場合もあります。
金額は規定がないので”住職との相談”となりますが、聞きにくいと思われる場合は檀家総代さんなどに相談されると良いでしょう。

市営・民営の墓地の場合は、墓地埋葬法で定められた手続きが必要となります。

納骨堂などに改葬される場合は

の流れになります。

仏壇終い

引っ越し先の部屋の事情などで、今までの仏壇が置けない。古くなって洗ってまで使用するよりも買い替えて、今の仏壇を処分したい。
住む人がいなくなるので、別の家の仏壇にお祀りするので、実家の仏壇処分をしたい。
生活様式の変化、離れていた家族の同居、施設などへの入所、人それぞれご事情で”仏壇を処分したい”けれど、やり方を知らないし・失礼をしたくない・罰が当たるのも嫌 そんなお悩みにお答えさせていただきます。
お家の間取り・階数・仏壇の大きさなどによって費用の差はありますが、先ずは一度フリーコールにてご相談ください。

仏壇終いの流れ

※「魂抜き」以外にも「お性根抜き」「お精根抜き」「お性抜き」「お精抜き」「閉眼供養」「浄焚(じょうほん)」とも
 呼ばれており ます。

納骨・供養相談

葬儀後のお骨を納める場所にお困りの方や、墓地納骨をお考えの方へ。
ご供養についてご相談させていただきます。

納骨・供養相談の流れ

まずは弊社へお問合せ下さい。>時間や場所をお決めして、ご相談にのります。>ご相談内容に合わせて、最適な方法をご紹介させていただきます。

※紹介料などは一切頂きませんので、ご安心ください。

お墓などへの代参

遠方に住んでいる、お身体の具合が悪いなどの理由でお墓に行けない方へ。
あなたの代わりにお墓掃除・お墓参りを致します。

代参の流れ

お墓に代参のご報告を致します。>ご報告用に、お墓の状況を写真撮影いたします。>周りのゴミや雑草を取り除きます。>墓石を水洗い致します。>花立て、水鉢、線香台などを綺麗に掃除いたします。>新しいお花を立てます。(2基まで)>線香をお供えして、お参りさせていただきます。>お墓周りを点検し、ご報告用に写真撮影を致します。

※お好きなお供えを、実費でお供えいたします。(ご用意して頂くことも可能です。)
※ご入金の確認、または受け取りには一週間以内を予定しております。
※ご報告は実際にお会いして行うか、もしくはお手紙などでお送りいたします。
※お彼岸など、混雑されている場合や荒天時には、別の日に変更する場合がございます。

どんな些細な事でも構いません。お気軽にご相談ください。